ビーズとは

ビーズとは、装飾や手芸などに良く用いられる穴のあいた小さな部品である。

ビーズは数珠玉、南京玉と呼ばれることもあり、ガラス製のビーズになると、とんぼ玉とも呼ばれる。

基本的なビーズの形状は穴があいていて、直径10ミリ以下のものが多い。
形は様々で、球形のものから、円筒形、花形、星型、丸型、楕円型など様々な形が存在する。
ビーズの素材も多岐に渡っており、ガラスやプラスティック、石、貝殻、真珠、骨など様々である。

主にビーズは装飾品や、手芸用品に多く使われる。
アクセサリーを作る際に利用されたり、衣服に結いつけられていたりする。 子供用の玩具としてビーズが売られていることもある。
ビーズの歴史は結構昔からあり、本来のビーズの意味はロザリオに使われる数珠玉を指していた。

1900年代初頭までに作られたビーズは価値がある。
1900年以前のビーズは、アンティークビーズ、ビンテージビーズと呼ばれている。
1900年代はガラス加工技術が現在とは違うので、独特の風合いがビーズに表れる。
プラスティックビーズが大量に生産された時代も1900年である。

21世紀にはいると、ビンテージビーズなどの風合いがあり、一粒一粒に個性が感じられるようなものが人気。

Copyright (C) ビーズとは All Rights Reserved. The template making ホームページ作成Hac Web Design.